見逃せない!注目の、予定利率8.4%!ラブホがカタい、その理由とは?

2007年07月05日

インドIT産業6兆円規模へ


 インド・ソフトウエア・サービス業協会(NASSCOM)は4日までに、インドIT(情報技術)産業の総売上高が2007年度に前年度比約26%増の500億ドル(約6兆1000億円)に拡大する見通しとの年次調査をまとめた。同国のPTI通信が報じた。

 インドのIT産業の06度売上高は前年度比30・7%増の396億ドル。同年度は国内で23%増の82億ドルの売り上げを記録し、海外では欧米受注が順調で国内より伸び率の高い33%増の314億ドルに達した。

 報道によると同協会は09年度までにインドIT産業の輸出額を600億ドルに引き上げる目標を掲げており、07年度の総売上高500億ドルも達成できるとしている。

 インドでは、国内企業に加え外資企業の拠点開設によってIT産業で160万人以上を直接雇用。対ドルで上昇している通貨ルピーとともに人材不足などの問題が顕在化している。

(ヤフーニュースより引用)

インドのIT産業は目覚しい発展です。かつて、といってもそう昔ではありませんが、日本の状況とよくにてきました。しかし、当時の日本と今のインドの状況では違いがあります。インドは国の繁栄を掛けて取り組んでいます。日本はバブル後のひとり勝ち産業となりました。
インドのIT産業は、まだまだいけるのではないでしょうか。

 
posted by インド株 at 13:10| インド株関連最新ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月10日

国のリスクや投資信託の現状は


04年9月に国内で初めて誕生して以来、成長著しいインド投資する手段として定着してきたのが、インド株投資信託です。

07年4月末時点でインド株投資信託の残高合計は1兆円超まで拡大しています。中国よりも成長段階が遅れているといわれるインドですが、ソフトウェア企業などを中心にグローバルで活躍する企業も多数。

一方で、景気が過熱気味でインフレの抑制がインド経済を見るうえでのポイントとなります。


 
posted by インド株 at 16:32| インド株投資信託の現状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月09日

ベンチマークの違いで運用実績にも差が

 
05年春に中国で排日運動が盛り上がった頃から、じわじわとインド株ブームが起こりました。前年の9月には、国内第1号のインド株投資信託が設定されています。
 
いまや外国株に投資するタイプの中でインド株投資信託は、中国株投資信託に次ぐ人気です。ただ、意外な点に注意も必要です。
 
投資信託の運用では、ベンチマーク(運用の目標とする株価指数)が定められるケースが主流です。インド株投資信託のベンチマークにはいくつかの指数が用いられますが、問題なのはそれぞれの指数の動きに違いがあることです。


 
posted by インド株 at 16:40| インド株投資信託の現状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月07日

設定から日が浅いため1年の騰落率で選定


ベンチマークの違いで、運用成績に差が出るケースがあります。
加えて、実際に現地で運用しているかどうかも重要です。運用会社によっては、香港など別の海外拠点から指示していることもあるのです。

では成績優秀なインド株投資信託をチェックしてみましょう。

上位の5本は、過去1年の騰落率ランキングのベスト5。インド株投資信託は、中国株投資信託に比べ設定から日が浅いものがおおいために、1年の実績で比較します。
 

 
posted by インド株 at 16:45| インド株投資信託の現状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月06日

インド株投資信託おすすめファンドランキングベスト5

インド株投資信託おすすめファンドランキング=

【第1位】 野村インド株投資
【第2位】 ブラックロック・インド株ファンド
【第3位】 三菱UFJ/ドイチェ インド株式ファンド
【第4位】 PCAインド株式オープン
【第5位】 ドイチェ・インド株式ファンド

以下に、それぞれの騰落率、運用状況、基本データなどをご紹介します。


 

2007年06月05日

インド株投資信託おすすめファンド第1位 野村インド株投資

野村アセット:
集中投資が成功し絶好調!

=過去の実績=
1年の騰落率 16.6%
6ヶ月の騰落率 12.9%

=ファンド組入れ銘柄の上位=
1位12.3% リライアンス・インダストリーズ(化学) 
2位12.0% インフォシス・テクノロジーズ(IT) 
3位 5.2% ICICIバンク
4位 4.9% BHEL(電機)
5位 4.7% アバン・オフショア(エネルギー)

=どんな運用をしているか=
★分配実施
読みが的中し、ウェイトを高めた銘柄が市場で高騰。

高い成長性を秘めた企業をリサーチで発掘し、収益性や将来性とともに、安定性や株価水準も踏まえて選別。
40銘柄程度に絞り込んでおり、その中で特にウェイトが高かった銘柄が高騰し高実績を達成しています。
シンガポールで運用、ベンチマークはMSCIインド指数。

=ファンド基本データ=
基準価額  1万8422円
純試算総額  1112億円

コスト:
販売手数料   3.15%
信託報酬    2.10%
信託財産留保額 0.50%

=販売会社=
銀行:
三井住友、三菱UFJ、りそな
証券:
野村、大和、日興、新光、投SC、楽天、マネックス、カブコム


 

2007年06月04日

インド株投資信託おすすめファンド第2位 ブラックロック・インド株ファンド

ブラックロック・ジャパン
インド市場をくまなく調査!

=過去の実績=
1年の騰落率 12.9% 
6ヶ月の騰落率 11.5%

ファンド組入れ銘柄の上位=
1位 9.5% リライアンス・インダストリーズ
2位 7.6% インフォシス・テクノロジーズ
3位 5.8% バールティ・エアテル(通信)
4位 3.3% オイル&ナチュラルガス(エネルギー)
5位 3.2% ラーセン・トゥブロ(素材)

=どんな運用をしているか=
★分配実施
★現地情報で大型株から小型株までリサーチ

インド企業のほか、同国でビジネスを拡大している企業も投資対象にしてファンドに組み込んでいます。企業リサーチに重点を置いた銘柄選別に特色があり、現地のムンパイから情報を入手、大型株から小型株まで幅広く入念なリサーチを行なえる体制が整っているのが大きな強みです。
実際の運用は香港で。
ベンチマークはS&Pのインド指数。

ファンド基本データ=
基準価額 1万3741円
純試算総額 1104億円
コスト:
販売手数料 3.15%
信託報酬 2.10%
信託財産留保額 なし

=販売会社=
銀行:
三井住友、三菱UFJ、りそな
証券:
野村、大和、日興、新光、投SC、楽天、マネックス、カブコムなど


 

2007年06月03日

インド株投資信託おすすめファンド第3位 三菱UFJ/ドイチェ インド株式ファンド

三菱UFJ投資信託
インド企業の成長に焦点!

=過去の実績=
1年の騰落率 12.7% 
6ヶ月の騰落率 7.9%

ファンド組入れ銘柄の上位=
1位13.5% リライアンス・インダストリーズ
2位 9.3% インフォシス・テクノロジーズ  
3位 8.1% ICICIバンク
4位 6.6% サティヤム・コンピュータ(IT)
5位 5.6% リライアンス・コミュニケーション・ベンチャーズ(通信)

=どんな運用をしてるか=
★分配実施・低コスト
★インドの拠点から運用を指示

情報通信やサービス関連の分野など、将来的に飛躍的な発展が期待されるインド企業に投資し、中長期的に大きなリターンを追求している。
三菱UGJが設定したファンドですが、実際には委託を受けたドイチェ・アセットがインド・ムンバイの拠点から運用の指示を行なっています。
ベンチマークはありません。

ファンド基本データ=
基準価額  1万2966円
純試算総額   152億円
コスト:
販売手数料   3.15%
信託報酬    1.31%
信託財産留保額 0.30%

=販売会社=
銀行:
三井住友、三菱UFJ、りそな
証券:
野村、大和、日興、新光、投SC、楽天、マネックス、カブコム


 

2007年06月02日

インド株投資信託おすすめファンド第4位 PCAインド株式オープン

ピーシーエー・アセット
インド株投資信託のアセット

=過去の実績=
1年の騰落率 12.7% 
6ヶ月の騰落率 9.3%

ファンド組入れ銘柄の上位=
1位 9.3% リライアンス・インダストリーズ
2位 8.2% オイル&ナチュラルガスコープ
3位 7.5% タタ・コンサルタンシー(IT)
4位 6.6% インフォシス・テクノロジーズ
5位 4.0% ICICIバンク

=どんな運用をしているか=
★分配実施
★情報通信の比率が高く、日本債権にも10%投資

国内で最も早く設定されたインド株ファンドで、情報通信の組入れ比率が高いのが特徴。
次いで多いのは、エネルギー関連。純資産のおおむね90%をインド株投資する一方で、残る10%を日本の債権で運用し、リスクの軽減を図っています。
ベンチマークはありません。

=基本データ=
基準価額  1万7284円
純資産総額  1378億円
コスト:
販売手数料   3.68%
信託報酬    1.29%
信託財産留保額 0.30%

=販売会社=
銀行:
三井住友、三菱UFJ、りそな
証券:
野村、大和、日興、新光、投SC、楽天、マネックス、カブコムなど


 

2007年06月01日

インド株投資信託おすすめファンド第5位 ドイチェ・インド株式ファンド

ドイチェ・アセット
3位の投資信託とほぼ同じ

=過去の実績=
1年の騰落率 12.1%
6ヶ月の騰落率 7.8%

ファンド組入れ銘柄の上位=
1位 14.5% インフォシス・テクノロジーズ
2位 13.8% リライアンス・インダストリーズ
3位 8.3% ICICIバンク
4位 6.7% サティヤム・コンピュータ
5位 5.7% リライアンス・コミュニケーション・ベンチャーズ

=どんな運用をしているか=
★分配実施・低コスト
ファンド投資するファンドオブファンズ

シンガポールで設定されたインド株ファンド「ドイチェ・インディア・エクイティ・ファンド」に投資する、ファンドオブファンズの形式をとっていて、3位の投資信託「三菱UFJ/ドイチェ インド株式ファンド」と中身は酷似しています。
0.5%の割合ですが、国内債権に投資するファンドにも資金を分散しています。
ベンチマークはありません。

ファンド基本データ=
基準価額  1万2905円
純資産総額   343億円
コスト:
販売手数料   3.15%
信託報酬    1.31%
信託財産留保額 0.30%

=販売会社=
銀行:
三井住友、三菱UFJ、りそな
証券:
野村、大和、日興、新光、投SC、楽天、マネックス、カブコムなど


 

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。