見逃せない!注目の、予定利率8.4%!ラブホがカタい、その理由とは?

2007年06月03日

インド株投資信託おすすめファンド第3位 三菱UFJ/ドイチェ インド株式ファンド

三菱UFJ投資信託
インド企業の成長に焦点!

=過去の実績=
1年の騰落率 12.7% 
6ヶ月の騰落率 7.9%

ファンド組入れ銘柄の上位=
1位13.5% リライアンス・インダストリーズ
2位 9.3% インフォシス・テクノロジーズ  
3位 8.1% ICICIバンク
4位 6.6% サティヤム・コンピュータ(IT)
5位 5.6% リライアンス・コミュニケーション・ベンチャーズ(通信)

=どんな運用をしてるか=
★分配実施・低コスト
★インドの拠点から運用を指示

情報通信やサービス関連の分野など、将来的に飛躍的な発展が期待されるインド企業に投資し、中長期的に大きなリターンを追求している。
三菱UGJが設定したファンドですが、実際には委託を受けたドイチェ・アセットがインド・ムンバイの拠点から運用の指示を行なっています。
ベンチマークはありません。

ファンド基本データ=
基準価額  1万2966円
純試算総額   152億円
コスト:
販売手数料   3.15%
信託報酬    1.31%
信託財産留保額 0.30%

=販売会社=
銀行:
三井住友、三菱UFJ、りそな
証券:
野村、大和、日興、新光、投SC、楽天、マネックス、カブコム


 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。